忍者ブログ

ガラクタ捨てとそうじをはじめてみた

ガラクタを捨て、ちゃんとそうじしようというブログ。気にいった物だけに囲まれたココロ豊かな暮らし

お気に入りのモノが循環しはじめた。「執着心」をなくす

そうじを続けています。



そうじをするようになって、休日もジャージで1日で過ごすことが
なくなりました。


朝起きたらジーンズに履き替えて、そうじする。
帰ってきたら、Tシャツとジーンズに履き替えて家で過ごすようにしました。


お気に入りを使うです。
たまに、そのまま寝てしまうこともあるのですが・・。


「ガラクタ捨て」から「お気に入りを使う」にステップアップです。


お気に入りの服を残したのでどんどん使おうということを
はじめは意識しました。
人間、慣れてしまうと「めんどくさい」とも思わないものです



その中で1本ジーンズのボタンが取れてきたので
そのジーンズを捨てました。確かに、履き倒しました。
そういえば、冬に買ったニベアの青缶も使い切りました。





「ガラクタ捨て」をしているときは、使い途中のモノ、使わなくなったモノを
「勿体ないけど使わなかった自分が悪い」と捨てていたのですが、


この頃、使い切って捨てるモノが増えてきました。


使い終わって捨てるモノは、「捨てる」ことに躊躇することがありません。
使い切ったものなのですから、当然ですが・・・。


捨てることに「勿体ない」と思うことができない。
「いままでありがとう」と思います。


お気に入りのモノに対して、執着がうまれない。


いままでは、使っていないモノを捨てることが執着心も一緒に捨てる
ということだと思っていたのですが
今は、執着を生まないでモノを捨てるようになりました。


これって、心に伝染してほしいなと思います。


頭の中とか心は、自分で直接触って、
目で見てカタチを変えられればいいのですが、
そう簡単ではないことは、思い知らされています・・。



目でも見えない、手で触ることもできないもののココロを

変えるには、どうしたらいい


家の中は、頭の中をあらわしている。


「ガラクタ捨て」のときに学びました。
頭の中を整理するには、家の中を片付けるればよかったので
同じことをすればいい。


家の中のモノは目で見ることも、手で触ることができます。
目で見れるモノ、手で触れられるモノを使って、
モノに執着しないで「捨てる」感覚を自分にわからせていく。


理解できれば、活用することもできます。


執着がうまれる事は
 ・対人関係
 ・組織
 ・お金
でしょうか?


頭の中で「執着をうまない感覚」がこういうことかとわかれば、
ものごとに対しても同じように感じていければいい。


はじめは意識するでしょうけど、
人間、慣れてしまうと「めんどくさい」とも思わなくなるでしょう。


お気に入りもの、使うものだけが残りました。
使うことで物を使い切り、捨てるようになりました。
次のお気に入りのモノを買おうと思います。
そして、それを使っていきます。


家の中が循環しだせば、頭の中も循環しはじめる。
頭の中が循環しだせば、執着する気持ちがうまれなくなる。
いつも最後は「ありがとう」で終わることができる。


妬み嫉みでじめじめした考えで生きるより、
スカッと気持ちよく生きていきたいです。




買って、使って、捨てるの循環が始まったのは、
スーパーで花を買うようになってからでした。
花の名前も飾り方もわからないで、綺麗ってだけで選んでますが・・・。




にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

・☆モニター募集☆スキマ時間でカンタンにお小遣いGET!
・主婦の方限定。買い物についてのアンケートに答えて、ギフト券1万円分プレゼント
・【タグを貼りつけるだけで報酬発生】medi8(メディエイト)の登録はこちら
・無料登録でおこづかいを貯めよう!【iOS版スマートフォンモニター】



PR