忍者ブログ

ガラクタ捨てとそうじをはじめてみた

ガラクタを捨て、ちゃんとそうじしようというブログ。気にいった物だけに囲まれたココロ豊かな暮らし

最初は、憎む。そして、慣れる。最後に、頼りにしてしまう。 これは。。



そうじを続けています。

今日、そうじをしてちょっと頭に浮かんできたことを書いておこうと思います。

ショーシャンクの空でモーガン・フリーマンが刑務所を取り巻く壁に対して、
「最初は、憎む。そして、慣れる。最後に、頼りにしてしまう。」

今日そうじをしていて、なぜかこれを思い出しました。

ショーシャンクの空にでは、刑務所にいれられるという不遇な環境に対しての言葉だけど、
世の中の本質というかそういうものを示している言葉だとは思っていました。

昔いたブラックなシステム会社でも、最初は不平、不満がでてくる。
仕事が3年目とかからすこしづつできるようになってくると、慣れる。
それが役職がついたり、後輩ができたり、会社に慣れる。
いつのまにか、10年もするとあれだけはじめは文句を言っていたのが会社に頼るようになる・・

前までは、こんな感じだったけど、

そうじはどうなんだろうと・・・

最初は、大変で、そうじをしたことにいろいろ驚き、いいことないかなとか期待する。
そして、そうじをしたことにどうこうというより、そうじがしてある環境に慣れる。
玄関の靴はしまう。
お茶をいれに台所にいるとき、お湯がわくまで気が付いたらシンクを拭いておく。
ドライヤーのコードは使い終わったら巻いてしまう。
・・・大それたことではなく、そんな細かいことに手が回るというか
最後に、、、どうなるのか。。


たぶん、ちょっとそうじすることに慣れてきた自分には、まだわかってないトコロなのかとも思います。
今は、ここまで。
この先、最後にどうなるかがわかればいいなとおもいます。






ショーシャンクの空に [Blu-ray]



にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

・☆モニター募集☆スキマ時間でカンタンにお小遣いGET!
・主婦の方限定。買い物についてのアンケートに答えて、ギフト券1万円分プレゼント
・【タグを貼りつけるだけで報酬発生】medi8(メディエイト)の登録はこちら
・無料登録でおこづかいを貯めよう!【iOS版スマートフォンモニター】



PR