忍者ブログ

ガラクタ捨てとそうじをはじめてみた

ガラクタを捨て、ちゃんとそうじしようというブログ。気にいった物だけに囲まれたココロ豊かな暮らし

1年続いた そうじを続けるコツ 最終 ガラクタ捨てて、見えた自分は?

そうじを続けて、1年経ちます。
そうじを続けたモチベーションを保つコツをまとめてみます。

 


そうじを続けるコツ その3の続きです。

そうじを続けるコツ その1はこちら)

「そうじ」と「続けること」が苦手な私にとって、
早朝にそうじをしてしまうことが、そうじを続けるコツでした。
最後に、一年続けた感想です。


12.ガラクタを捨ててそうじを続けて1年目に気がついたこと


ガラクタを捨てて、捨てて、捨てて。
そうじを続けて1年経って気づいたことです。


おかげ様で、気にいったものに囲まれたきれいな部屋で
過ごすことにちょっとづつ慣れてきました。


1年前に比べて、大違いです。自分もビックリ!!
汚れていても、散らかっていても何も感じませんでしたが、
今は片付いていないのを目にすると、ちょっと不快になります。
不快に思うことがイヤなのでちょこちょこそうじするようになりました。


捨てて、捨ててを繰り返していて、
使っていない「停滞しているもの」がガラクタだとわかりました。


欲しくて買ったものは、買った瞬間に役目を終えガラクタになる。
使うもの、気にいったものは、ガラクタにならない。


ガラクタを捨てて、お気に入りのものだけが残るようになったとき

そのお気に入りの中には、「自分」がいることに気づきました。
自分はガラクタじゃなかったんです。

そして、続けてきたそうじは、自分がガラクタにならないように
「自分を大事に使う」ことでした。



そして、そうじしていたのは、どうやら部屋だけじゃなかったです。



自分の中の不安や苦しいという行き詰まった考え方、
思考のガラクタをそうじしていました。


そうじをしなくても、「自分」なんて毎日、仕事で使ってると
思ってもみたのですが、、、
それは、たぶん、お金を稼ぐために社会に使われているんだと思います。


「使われている」と「使っている」が同じ方向に向いているとき、
仕事も楽しいし、ストレスも感じない。


ただ、現状はどんどん変わります。
自分の考え方と現状に、何かギャップができてしまうときがあります。
このギャップが、苦しさの原因かと思います。


過去と他人は、変えられないです。自分と未来は変えられます。
だから、自分の考え方や思考のしかた、発想を変えればいいんですけど


わかっていてもなかなか変えられない。変わらない。
結局、どう変えればいいかわからない・・


人それぞれ、状況は違っているから、誰かに教えてもらうことは
できないのですが、
本やアドバイスで解決しようします。
しかし、しばらくすると、同じようなことがまた起こります。
そうすると、また別の本やアドバイスを探します。


その場、その場で解決できたように思えるのですが、
でもなぜか、苦しいと感じることや不安がしばらくすると出てきてしまいます。



根本的な解決ができていないのかも・・・


物事は、ただ物事なだけで感情なんて存在しなくて、
それを苦しいと感じるなら、自分が苦しいと感じるように決めています。


自分の考え方は、固定観念から生まれてくるものです。
そして、固定観念は過去の出来事、今までの教育からできています。


どんどん変わる現状をその固定観念でみることになります。


毎日、楽しく暮らせて、悩み事なんかない!!なら
そのままでいいのでしょうが・・・


それが、苦しいなら、
その固定観念で現状を見ることには無理がありそうです。


そういうときは、固定観念を一旦壊す。
現状に正しく向き合える考え方ができればいいので、
一旦、固定観念を壊して自分で価値観をつくればいいんです。


自分を使えば、自分の新しい価値観をつくることができる


いままで、自分を自分で使うことがどういうことか
ちゃんとわかっていなかったように思います。
使われることに慣れてしまって、自分をうまく使えていない。
自分を使うということがどういうことか、慣れていく必要がありそうです。



自分を使う一つの方法が、そうじです


そうじを続けることで、自分を使う感覚に慣れていけそうです。
そうすれば、
自分で現状にあう自分の価値観をつくることが
できるようになると考えるようになりました。




そうじをするようになって、人生が好転した人がたくさんいます。
CoCo壱番屋の創業者、イエローハットをはじめとして、そうじをする社長もいます。
松下幸之助さん、斎藤一人さんはそうじを勧めます。
神社は、いつもそうじされています。

なぜでしょうか?

そうじをすることで、
それまでの凝り固まった不都合な考え方や発想は壊して、
本来の自分の考え方や発想を自分で作っていったんじゃないかと思います。

だから、そうじをするようになったら、
物事のとらえ方がうまくなって、ピンチもチャンスとして捉えるようになる。
結果、人生が好転していく。


家の中のものも、空気も、自分も停滞させてはいけない


不安、イライラ、苦しみは、「自分の考え方が停滞してきてますよ」
ってサインのような気がします。


このままだと、自分がガラクタになってしまいますよ」って


自分を「大切にどんどん使って」いかなければと思います。
使っていかないと、ガラクタになってしまいます。


そうじのおかげで、最近、やりたいと思うことにすぐ手が
つけられることが多くなってきました。


ちょっと、自分が使いやすくなってきたんですかね。


そうじは、1年続けた私に「自分を大切に使う」ことを教えてくれました。


そうじを1年続けた私の感想です。


2年続けたらどんなことを考えているのかわかりませんが
そうじを続けていこうと思います。





 捨てないで!壊れたパソコン買取ます!
専門店だからできる!壊れたパソコン買取!
個人情報も安心!データ消去・破壊
24時間365日オンライン査定受付中



にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

・☆モニター募集☆スキマ時間でカンタンにお小遣いGET!
・主婦の方限定。買い物についてのアンケートに答えて、ギフト券1万円分プレゼント
・【タグを貼りつけるだけで報酬発生】medi8(メディエイト)の登録はこちら
・無料登録でおこづかいを貯めよう!【iOS版スマートフォンモニター】



PR